金正堂本店

SINN.モデル6000。息子が生まれて…

時計の一番目の記念に、僕の時計の話をしたいと思います。
僕は、息子の誕生した記念に、このSinn6000をチョイスしました。
その日の服装に合うときは、出来るだけ使っています。それは、時計屋だから、というだけでなく、ある話に、無茶苦茶嬉しくなったからです。

その話とは、ある外国の方から聞いた話です。
その方の一族は、必ず、子供たちに時計をプレゼントするんだそうです。しかも、自分が気に入って使った時計を…、何年も何十年も使った時計を…そして、言うんだそうです、この時計は、何の記念に、何処のお店で買ったんだよと、だから、なにかあったら、これを使いなさいと。
貰った人たちは、ファミリーで集まる時、ここぞというときに、その時計を嵌めるんだそうです。場合によっては、その時計で、窮地から救われることもあるそうです。

それって、「かっこええ」と、自分もそんなんになりたいと思ったんです。
ステキですよね。時計を嵌めていれば、良い時も悪い時もその時計の刻む時と共に在るわけですから。せっかく、同じ時を過ごすなら、自分の気に入った時計が良くないですか?良い時計で時間を刻んだ方が心が豊かになりませんか?

だから、僕は、このSINNモデル6000を息子が、商売を継ぐために戻ってきた時に、プレゼントしようと思っています。まぁ、まだ家の息子は3歳ですけど…(笑)。
まだまだ、先の話ですけど、それまでにボロボロになってたんでは、ザマアないですから、たまには、洗ってあげたり、きちんとメンテナンスしてあげようと思っています。

いい時計は、耐久財だと思います。しかし、使いっ放しは良くありません。
たとえば、よく時計のケースに使われるステンレスは、汚れていたりして、表面が、空気に触れていなければ、錆びても来ますし、強度も落ちてきます。
やはり、定期的に、洗ってあげたり、オーバーホールをしてあげることが大切です。

私ども金正堂本店では、正規輸入品にコダワリマス!
正規輸入品を購入するということは、100%本物であり、時計のプロが、ダブルチェック(メーカーと販売店)したものを、アフターサービスと共に手に入れることだと確信しています。

そんなこんなの時計の話をしにいらしてみてください、お待ちしております。
出張などで不在の時もありますので、メール等でのお問い合わせも併せてどうぞ。

ページトップに戻る