金正堂本店

正規品と並行輸入品の違い

正規品は、ルートが一本化されているので、偽物が混入することがありません。

正規代理店は、 メーカーや輸入代理店と特約契約し、正規ルートにて時計を取り扱いしている販売店です。
メーカー保証のもと、正当で安心のサービスを受けることができます
ブランドによっては、アフター料金が正規品と並行品では異なる場合があります。
正規輸入品は日本に到着後、輸入代理店の厳正な検査を再び受けて初めて市場に出荷されますので、安心・確実な商品をご提供できます。

流通ルートが複雑化し、さまざまな業者を介する為、素性のわからない時計が流通する可能性があります。
流通経路が多ければ多いほど商品を入手する確率は上がりますが、逆に商品の信頼性は低くなります。

インターネットショッピングや大手家電量販店などで販売されているブランド品は、『並行輸入品』という言葉を掲げていることが多くあります。

簡単には、商品を仕入れる輸入ルートによって、正規品と並行輸入品といった違いが生まれます。
正規品は、日本国内直営店、もしくは支店となる正規代理店が、海外ブランドより直接製品を仕入れているのに対し、 並行輸入品は、海外の正規代理店などのショップから買い付けた製品を販売しているのです。

並行輸入品は間接的に製品を仕入れることから、「偽造品が売られているのではないか?」といった問題が絶えませんが、昨今では輸入に関して通関(税関)が非常に厳しくなり、偽物という心配はほとんど無くなりました。

どの並行輸入品店舗でも、正規店でない以上は偽造品が混ざらないという確約はできないのが現状ですが、問題が起こらないよう、仕入れの方法や経路をしっかりと限定して買い付けております。

それは会社の信用に関わり、偽造品が発見された時点で倒産にまで追い詰められるといっても過言ではないからです。
以上のことから、この輸入ルートが違うからといっても製品の品質に違いはないと言えますが、
品質を管理する為のアフターサービスなどが変わってきます。

正規品 並行輸入品
製品 製造元が全く同じ新品
価格 基本的に価格規制に従い、通常価格での販売となる 定価販売の規制がないため、低価格で販売できる
保証 通常1年間のメーカー保証がつき、
安心したメンテナンス・アフターサービスが受けられる
正規販売品では無料修理が受けられない場合がある
説明書 日本語表記 ブランド創業国の言語表記や英語表記
付属品 キャンペーンなどによるオリジナル付属品がつく なし
ページトップに戻る