金正堂本店

金正堂本店は県内唯一のロンジン正規販売店です

ロンジン

 1832年の創業以来、「伝統」「エレガンス」「パフォーマンス」をテーマに時計作りを続け、その歴史は180年以上にわたり、一生付き合える本物の時計として男性や女性から圧倒的な支持を得てきました。

 乗馬スポーツにおける関与はおよそ100年以上前に遡り、その卓越した信頼性の高い専門技術を活用し、スポーツ界においても真のパートナーシップを築いてきたのです。ロンジンの技術研究には様々な勲章が与えられ、10回以上グランプリを受賞した万国博覧会では、羽の付いた砂時計の刻印を持つロンジンに「最も多くの賞を受賞した」時計メーカーとしての称号をもたらし、この栄誉は1929年のバルセロナでの万国博覧会まで続きました。数々の栄光と実績から日本でも絶大な信頼と知名度を誇るブランド、それがロンジンです。

 ロンジンの為に開発されたムーブメントの中でも魅力的なのが、コラムホイール・クロノグラフです。コラムホイールとは、クロノグラフの制御方式の名称。高度な製作・組み立て技術が必要とされているが、クロノグラフ操作時の滑らかな操作感・スムーズなスタートなどに優れているのが特徴の、高級クロノグラフムーブメントです。さらに、1920年代製のモデルを規範としたワンプッシュクロノグラフも見逃せません。ボタンをリューズと同軸にした希少モデルで、ヴィンテージファンにはたまらない一本です。凄いのがコラムホイール、ワンプッシュクロノグラフ=高級時計という常識を打ち破り、これだけの時計が50万円を切るプライスで市場に投入されたのは驚異的です。
ロンジンは歴史があるブランドなので、アフター面でも安心!そしてデザイン性や機能性も抜群でありながら、コストパフォーマンスにも優れているロンジンをぜひご覧下さい。

金正堂本店 スタッフ/番地

スイスのサンティミエで創業し、数多くの世界的なスポーツイベントの公式時計の 製造メーカーである「ロンジン LONGINE」。

1832年の創業以来、ロンジンは多くの冒険家に愛用されてきました。
特に18世紀末から19世紀初頭かけて、ロンジンは数多くの歴史的な冒険の時間を刻みました。
1899年に帆船で北極探検に挑んだイタリアのアブルッツィ公、1927年に単独で大西洋無着陸横断飛行を成し遂げたアメリカのチャールズ・リンドバーグなど、科学文明の黎明期の冒険の数々は、冒険家たちのロンジンに対する信頼とともに実現されたといってもいいでしょう。
そしてそれぞれの冒険は果たして文明の発展に貢献し、豊かな未来のための確かな架け橋となったことは歴史が証明しています。

堅実で特徴的な美しさ
ロンジン レイルロード

腕の内側に装着するための特別なデザイン
ロンジン アヴィゲーション Type A-7 1935

  • 金正堂本店は県内唯一のロンジン正規販売店です

    気になるデザインがある方は事前にお問い合わせください。

    店頭には全種類ご用意しておりませんので、気になるデザインがございましたら、
    メールもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

    ページトップに戻る