2022年10月21日

青森県で今最も注目のグランドセイコー「Evolution9」シリーズ!

 


皆様こんにちは! 今日はタイトルにある通り、今世界からも注目されているグランドセイコーの新しいコレクション、「Evolution9」シリーズについてお話しさせて頂きます! まずはこの「Evolution9」シリーズですが、グランドセイコー取扱店の中でも「マスターショップ」以上のお店じゃないと見る事すら叶いません!金正堂本店は青森県で唯一の「グランドセイコーマスターショップ」に認定されておりますので、この大注目のシリーズが実際に店頭で見れる上に購入も可能です!!やっぱり実物を見て、納得したお買い物をしたいですよね~。さらには購入後のメンテナンスもすべて金正堂本店で承りますので、安心してお使いいただけるのも専門店・正規取扱店ならではです! ではまず、グランドセイコーがどのような「想い」で作られているか見ていきましょう。

 

1:ブランド思想

グランドセイコーのモノづくりには、SEIKO創業者である服部金太郎氏の遺した言葉や理念が脈々と受け継がれています。

革新 -常に時代の一歩先を行く-
進化 -急ぐな、休むな-
高品質 -良品は必ず、受容者の愛顧を得る-

この三つです。 この思いを受け継ぎ、1960年に初代グランドセイコーが誕生します。 実用性に重きを置き、日本人のひたむきさ、誠実さを体現し、さらには持つ人に寄り添い豊かな“時”を刻み続けることを目指した至高の一本が誕生しました。 もちろん時計の本質である「正確で」「見やすく」「美しい」の三つの要素を追求し、当時の持ちうるすべての技術を注ぎ込み、ムーブメント、外装ともに世界に通用する高品質な時計となるべくして開発されました。 1967年にはブランドの基幹となるデザイン方針を新たに規定。障子や屏風のように、日本で古来から親しまれてきた“平面主体のデザイン”が、光と同じように影を愛することで無数の表情を生み出しながら、“燦然と輝く時計”を実現しました。それから55年経った今でも変わることのないデザイン方針が「セイコースタイル」です。

グランドセイコーを見る>>>

 

2:ブランドフィロソフィー

グランドセイコーのHPを見るとトップページに出てくるのがブランドフィロソフィー(ブランド哲学)です。
「THE NATURE OF TIME」
それは時のままの移ろい。 時の本質。 グランドセイコーの匠たちが、永遠に追い求め続けるもの。 日本独自の美意識と、精神性。 日本人にとって、時の本質は、森羅万象とともにある。 光が影をつくり、風が水面を揺らす、その表情の変化の中に。 絶え間なく移ろいながら、動いていく。 この日本人ならではの感性と精神性、匠の技とプライドが、グランドセイコーに魂を与える。 ※グランドセイコーHPより引用※
すごい文面ですよね! 匠たちのモノづくりに対する情熱が伝わってきます。 “時間という概念”を、いかに「正確で」「見やすく」「美しく」そして「永久性のあるもの」に“具現化”しようとするグランドセイコーの技術者達。 常に己の技を磨き、精神性を深め、新たな境地を開き、造形の美しさを極めつくすことに、決して終わりはありません。 1967年に確立した「セイコースタイル」受け継ぎながらも、その真髄と日本の美意識を高い次元で融合させ、さらに発展させたものが「エボリューション9スタイル」です。これはまさに「継承と進化」と言えるのではないでしょうか。

 

3:グランドセイコーは新たな領域へ

ブランド60周年を迎えた2020年に生まれたのが、新しいデザインスタイル「エボリューション9スタイル」を纏った、「Evolution9」シリーズです! ブランドの新たな1ページを担うにふさわしい、次世代を象徴するデザインになっています。 先程、「継承と進化」と書きましたが「エボリューション9スタイル」には3つのデザイン方針が定められています。

①「審美性の進化」 「セイコースタイル」の根源である日本独自の美意識と精神性を、より鮮明に描き出し時計に落とし込むことに注力しました。 日本人が美しいと思う「光と影の共存」を際立たせるために、「光と影の中間の美の豊かさ」つまり柔らかなグラデーションに注目しました。歪みなく平滑に磨かれた鏡面で「闇の黒」と「光の白」を表現し、その中間にある「ほの明るさとほの暗さ」というニュアンスをヘアライン仕上げを随所に用いることで、鏡面とヘアライン仕上げが絶妙なバランスで成り立つ「光と影の共存」という素晴らしい造形が完成しました。
②「視認性の進化」 もともと多面カットが施されたインデックスや、太く文字盤の淵ギリギリまで伸びた分針と、1960年当時から高い視認性を誇ったグランドセイコー。それをさらにメリハリを高めた形状に進化させました。12時位置のインデックスは他のインデックスに比べ2.5倍の大きさにし、威風堂々とした佇まいに仕上げています。それだけではなく、時針も太くし先端の幅をインデックスの幅に合わせることで識別性も向上しました。
③「装着性の進化」腕時計の着け心地と言うのは時計を購入するうえで重要な項目の一つです。いくらデザインが気に入ったところで装着性が良くないと、時計を着けなくなってしまいます。腕時計はグラグラすると余計な重みを感じてしまったり、ぶつけてしまったりするので、この「Evolution9」シリーズは時計の重心を下げ、ブレスレットの幅を広くとることで腕へのフィット感を高めています。
この3つのデザイン方針を基に、新たに定義された9つのデザイン要素を取り入れているので「Evolution9」というわけなんです!

 

4:スタッフオススメ「Evolution9」シリーズ

落ち着いた輝きを放つ次世代の顔

SLGH005

時計のアカデミー賞ともいわれるジュネーブ時計グランプリで2021年度「メンズウォッチ」部門賞を受賞した、SLGH005通称“白樺”。 以前にもグランドセイコーとしては2014年にメカニカルハイビート36000GMT限定モデルが「小さな針」部門賞を受賞して以来、二度目の受賞となりました!世界的にグランドセイコーが認められているのが嬉しく思います! SLGA009

こちらはスプリングドライブ搭載のモデルSLGA009。違うムーブメントが搭載されているにも関わらず、ほぼケースサイズは変わらずに仕上がっています。メカニカルモデルとの違いと言えば、文字盤の色味と陰影の違いです。これは是非店頭にて実物を見比べていただきたいです!

 

印象深い存在感のクロノグラフ

SBGC249

こちらは限定モデル、通称”コスモブルー”と言われているSBGC249。エボリューション9シリーズ初のクロノグラフ!これまでのグランドセイコーのプッシャーとは変わって、ねじ込みロックがなくなりました!もちろんボタンの操作感もセイコーのクロノグラフを受け継いでいて、このクリック感は唯一無二!クロノグラフ針もスプリングドライブ特有のスイープ運針!

SBGC251

こちらは通常モデルのSBGC251。コスモブルーとは違い黒い文字盤が端正な顔立ち。水色のGMT針がアクセントを加えます。

凛とした趣のGMTスタイル

SBGE285

こちらのモデルは白樺モデルと同様に、2022年度のジュネーブ時計グランプリにノミネートされました!正確かつ迅速に時刻を読み取る事ができ、デザインバランスの精緻を極めた力強いデザインが特徴です。コンパクトに収められたリューズガード、しなやかな曲線を描くドーム型サファイヤガラス。文字盤はスプリングドライブの故郷である信州の冬の山肌を覆う「朝霧」から着想を得た新しいパターンを採用。グランドセイコーの“これから”を体現しています。

 

いかがでしたでしょうか?グランドセイコーの在り方と、進化したこれからを楽しむことが出来るグランドセイコーの「Evolution9」シリーズ。ジュネーブ時計グランプリでも世界に認められ、いま最も勢いのあるブランドではないでしょうか。 最初にも書いた通り、金正堂本店は青森県唯一のグランドセイコーマスターショップでございます。 ぜひ一度、お店にお越しいただき、その迫力を体感してくださいませ!!

青森県でグランドセイコー・エボリューション9シリーズを見るなら金正堂本店>>>

 

 

———————————————————————-

〒036-8124 青森県弘前市土手町45-1
金正堂本店 弘前店
弘前店店舗詳細ご来店予約はこちら

〒031-0004 青森県八戸市南類家1-1-1
金正堂本店 八戸店
八戸店店舗詳細ご来店予約こちら

〒030-0846 青森県青森市青葉1-5-20
金正堂本店 青森店
青森店店舗詳細ご来店予約はこちら

採用情報

笑顔で仕事をする幸せ。お客様の人生の喜びのシーンに華を添える仕事です。

C 2020 結婚指輪・婚約指輪・ジュエリーを探すなら KINSYODO HONTEN Co.,Ltd.

Bridal
TOPページへ
Watch
TOPページへ
Jewelry
TOPページへ

取り扱いブランド

採用情報

笑顔で仕事をする幸せ
お客様の人生の喜びのシーンに
華を添える仕事です。

page
top