コラム

2021年09月16日

ペアアイテムを求めるカップルさん必読! THE KISS COUPLESがエルム店に新登場!

秋・冬は恋人と過ごすイベントも多く、「プレゼントに何をあげようかな?」とか「どこに売ってるんだろう?」など幸せな悩みが尽きない季節ですね。金正堂本店では様々な種類のペアアイテムを取り揃えており、中でも金正堂本店エルム店には特に充実しております。年間21万組のカップルさんに選ばれる“THE KISS”のカップルさん向けブランド“THE KISS COUPLE’S”が金正堂本店エルム店に新登場!“THE KISS COUPLE’S”オリジナルのペアリングやペアネックレス、ペアブレスレットに加え、ディズニーコレクションも豊富にご用意しているので、お二人にぴったりなアイテムが見つかります。

バリエーション豊かな“THE KISS COUPLE’S”ではデザインももちろんですが、素材も一般的なシルバーだけでなく、ブラックやアクアゴールドといったカラー展開も豊富です。「ちょっとアクセサリーが苦手」という男性もブラックゴールドやブラックゴールドのダスティカラーであれば目立ちすぎることもないので身に着けやすいアイテムとなっております。「ペアの物が欲しいけど、シンプルなデザインが好き!」という方もご安心ください!“THE KISS COUPLE’S”はシンプルなのに飽きの来ないデザインでずっと着けていられる商品がたくさんあります。更に個性を出したいという方や他のカップルさんと被りたくないという方にも、デザインの多さや刻印が無料なので二人だけのペアアイテムが作れるところもおすすめ!

コロナ禍でテーマパークに行けないからこそ、ディズニー好きな方には“THE KISS COUPLE’S ディズニーコレクション ミッキー&ミニー”やTHE KISS COUPLE’S ディズニーコレクション ディズニープリンセス“がおすすめ!
ディズニーキャラクターがモチーフになったペアアイテムでアクセサリーもお揃いにするのもいいですね。隠れミッキーがいるデザインや男性様にはミッキー、女性様にはミニーがデザインされ、くっつけたり重なったりするとってもかわいい商品がたくさん!ペア以外でもレディースネックレスやブレスレット、ピアスやチャームなどが各コレクションにあり、プリンセスをイメージして作られたものは女の子らしいデザインでプレゼントされたら嬉しいものばかり!ラッピングも可愛いので貰った瞬間も、そして箱を開けたときも、可愛いと嬉しいという気持ちが溢れるかも!今年のクリスマスや記念日などプレゼントを渡す機会に是非“THE KISS COUPLE’Sディズニーコレクション”がある金正堂本店エルム店にお立ち寄りください。

 

金正堂本店エルム店では、カップルさんに向けて“THE KISS COUPLE’S ”を、ご結婚されるカップルさんには“THE KISS Anniversary”を準備しております。
“THE KISS Anniversary”は金正堂本店弘前店、青森店、八戸店でも取り扱っています。
その他北東北唯一の取り扱いがあるブランドなどお客様にぴったりの商品が見つかるブライダルセレクトショップですので、是非金正堂本店弘前店、青森店、エルム店、八戸店にお立ち寄りくださいませ。

2021年08月07日

オリンピックと深いつながりを持つLongins(ロンジン)

連日のオリンピックでの戦い、日本人選手をはじめ、世界中の選手たちの競技にかける熱い思いに胸を打たれ、感動と勇気があふれる日々が続いています。

金正堂本店が北東北(青森・秋田・岩手)で唯一取り扱うロンジン。ロンジンはスイスの老舗時計ブランドであり、約190年に歴史を持ち一度も歴史が途切れたことのない世界でも珍しい時計ブランドです。(多くの老舗メーカーは、不況やクォーツショックなどにより閉業や廃業に追いやられた歴史があります)

実はロンジンは1896年にアテネで開催された第1回近代オリンピックにストップウォッチを提供した公式タイムキーパー。
当時、30分積算計を備え、1/5秒の計測が可能であったロンジンだからこそスポーツ界での計測機器として高く評価されていました。

ロンジンはデザインとしてクロノグラフを用いた時計ではなく、レースなど失敗が許されないシチュエーションで使用可能な計測機器として実用できる信頼のクロノグラフを開発しています。だからこそ長い間スポーツ界において信頼されるブランドです。

ロンジン ハイドロコンクエスト L3.730.4.96.6

ロンジンのコンセプト「Elegance is an Attitude~エレガンスは生き方にあらわれる~」。
時代と共に磨かれてきた普遍性と洗練されたエレガンスを大切に考えています。
ロンジンは「体操競技」をスポーツにおいてはエレガンスの象徴としてスポンサードしています。実は前回のリオオリンピックの後、体操の金メダリスト内村航平選手は日本人で初めてロンジンのエレガンスアンバサダーを務めました。
内村選手は2018年のインタビューで体操漬けの生活の中で、朝、ロンジンの腕時計をつけるとスイッチが入る。ロンジンだけで9本所有するというほどロンジンへの愛を語っていました。
実はロンジンの中でも人気の高いハイドロコンクエストから内村航平選手が監修したモデルも以前400本限定で発売されています。

今回の東京オリンピックでは内村選手の日本の体操界への貢献を強く印象付けました。
ロンジンは国際体操連盟オフィシャルスポンサーとして体操競技をサポート。今後も体操競技の発展を後押ししていくことでしょう。

ロンジンハイドロコンクエスト新作はこちら>>

2021年07月25日

暑い季節におすすめ!革バンドからクサリ(ブレスレット)への交換

そろそろ腕時計の革バンドからクサリ(ブレスレット)へ取り替えませんか?

腕時計は革バンドのタイプが好きだけれど、どうしても革バンドは傷みやすくてとお思いの方は多いのではないでしょうか。
実は金正堂本店で腕時計を買われているお客様は、時計ご購入時は鎖のタイプをお求めになり同時に互換性のある革バンドも一緒にご購入になる方がとても多いです。(もしくは秋になるころに革バンドをお求めになります)。

汗をかきやすい暑い時期はクサリ(ブレスレット)で快適に過ごし、涼しくなり始めたら革バンドに取り換えてムードを変える。これこそ大人の腕時計の楽しみ方ですね。

 

金正堂本店でご購入いただいた腕時計はクサリ(ブレスレット)→革バンド、革バンド→クサリ(ブレスレット)は何度でも取り付け交換いたしますのでお気軽にお持ちください。もちろん当店ご購入のお客様は無料です。
しかもただバンドを取り換えるだけではなく、時計本体から外した際には汚れをしっかり落とします。クサリを外した場合には超音波クリーニングをかけ汗汚れや油汚れをケアし、清潔な状態でお客様にお渡しいたしますので、次のシーズンにまたクサリをつけるときもベタベタせずさらっとした心地よい状態でお使いいただけます。

 

時計は大切なキーアイテム。人から見られることも多いからこそ「白いワイシャツの袖口が、汚れで黒くならないように。」
金正堂本店でお買い上げいただいた時計のオーナー様に喜んでいただきたい。スタッフが心を込めて腕時計のケアをしています。
お客様から「きれいになった。ありがとう。また来るね。」の言葉は私たちの励みです。

 

 

ロンジンスピリット(金正堂本店 青森県唯一の取扱い)

 

 

同じ腕時計でもクサリ(ブレスレット)と革バンドではこんなに表情が変わります。実際パイロットウォッチは飛行機を操縦中は瞬時に時刻を判別しなければいけないので光らないように革バンドが選ばれるのが本流。とはいえスポーティにクサリ(ブレスレット)もかっこいいですよね。

 

ジン 103.SA.AUTO (金正堂本店 青森県唯一の取扱い)

視認性が高く、シンプルで実用的なクロノグラフ。ねじ込み式のリューズ、ねじ込み式の裏蓋、ねじ込み式のプッシュボタンを装備したハイスペックなジンのポリシーが踏襲されたクロノグラフとして高い人気を誇っています。ステンレススチールタイプとカウレザータイプがありますが、ご購入される多くの方がステンレススチールのブレスタイプにオプションでカウレザーを同時購入されます。

ブレスを取り換えるだけでこんなに表情が変わる。季節が変わるたびに付け替える。靴を履き替えるのと同じように気兼ねなくお楽しみください。

 

 

ベル&ロス (金正堂本店 青森県唯一の取扱い)

ベル&ロスはシリーズのよってサイズが決まっているため互換性のある革ベルトやラバーストラップの種類が豊富。自分流にカスタマイズでき満足度が高いのが特徴。さすがファッションに敏感な方に愛されるフランス生まれのブランドです。ラバーストラップもしなやかで装着した着け心地もよくお勧めですよ。ブラックだけではなくグレーもあり、ストラップを変える楽しみもベル&ロスのオーナーになった喜びです。

 

販売してからが本番。お客様の腕時計のサポートも私たちの大切な仕事です。金正堂本店ならではの充実したメンテナンスサポートはご購入されたお客様よりご好評をいただいております。

青森県近隣のお客様はお近くの金正堂本店へお越しくださいませ。遠方、青森県外にお住いのお客様は郵送にてご対応させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。(送料はお客様のご負担となりますのでご了承くださいませ。)

 

 

2021年07月13日

7月の誕生石「奇跡の宝石 ルビー」

人生の記念日に選ばれる宝石

宝石ルビー。誰もがイメージするのは赤く、透明感があり、美しい宝石。
ルビーはダイヤモンド、真珠に次いで男女問わず愛される宝石です。
7月の誕生石の贈り物に。婚約指輪に。還暦のお祝いに。結婚40年目のルビー婚の記念に。
20歳のお祝いに。そして赤はお祝いの色。祝福のシーンに身に着けることの多い宝石です。
人生の中でルビーという宝石を身に着けるシーンが多ければ多いほどうれしいですね。

ルビーの奇跡

ルビーは産地が極めて少なく、3カラット以上の大きさの石はほとんど採れません。そのため古くから非常に価値の高い石として扱われてきました。そんなルビーの本当の名前は「コランダム」と言います。コランダムに不純物のクロムが1%程度混入したものは濃い赤色の「ルビー」となります。では他の不純物が混入するとどうなるでしょう。クロムの代わりに鉄やチタンが混ざると、「サファイア」になります。つまり「ルビー」と「サファイア」は兄弟なのです。また、クロムが0.1%程度しか混ざっていない色の薄いコランダムは「ピンクサファイア」となり、クロムの割合が5%を超えると残念ながら宝石として扱われずに工業用研磨剤となってしまいます。「宝石ルビー」それはたくさんの偶然が重なり合って出来る奇跡の結晶なのです。

 

特別な石「ルビー」

恋や情熱などを連想させるルビー。その美しさと希少性から「宝石の女王」の異名を持ちます。ダイヤモンド、サファイア、エメラルドと共に四大宝石として知られていますが、年間産出量はダイヤモンドの約30分の1程度と、圧倒的に希少性が高いのがルビーです。その中でもミャンマーのモゴック地域で産出され無処理の色や透明度が素晴らしい最高級品質のものだけを本来は「ピジョンブラッド」(鳩の血の色)と言います。

金正堂本店では「ミャンマー産天然無処理ルビー専門店」であるモリスを取り扱っております。日本の宝石商で初めて自社社員が鉱山に入り研究を重ねてきた、言わば「ルビーのプロ」が厳選したルビーを使用する「モリス」。

 

「モリス」のルビーは本当に希少であり、ルビーの内側から奥深い輝きを感じます。この希少な「モリス」ルビーのジュエリーを金正堂本店では取り扱っています。非常に希少なため青森県では金正堂本店だけの取扱いです。モリスの美しいルビーは引き込まれるような魅力があります。是非一度金正堂本店にお立ち寄り下さい。

 

ルビーのパワー

婚約指輪はかつてダイヤモンドではなく、ルビーでした。そして始まりは宗教改革を進めたルターが好きだった修道女に求婚する際、跪いてルビーの婚約指輪と一緒に「私と共についてきてください」とプロポーズしたことでした。ルビーの石言葉は「愛情」「情熱」「生命」。その意味からも婚約にもピッタリのお石ですね。また「生命」の石ですから、古より粉薬にして飲んだり兵士がお守りとして持ったりと、命を守る絶大な力を持っていると信じられてきました。愛する人のお守りとして、そして自分のお守りとしても身に着けていたい宝石、それがルビーです。結婚指輪の内側に二人でルビーを入れるのも素敵ですね。金正堂本店には誕生石を指輪の内側に入れることができる結婚指輪が沢山あります。表ではなく内側だから二人だけの秘密になるのも嬉しいですね。

まだまだ語り切れない多くの逸話と奥深さがあるルビーは7月の誕生石。先程の石言葉の他にも「自由」「勇気」などの意味があり、魔除けや幸福をもたらす誕生石として贈るのにもうってつけだと思います。成人の誕生日に自由の象徴という意味でプレゼントするのも素敵ですね。金正堂本店では、自分の誕生石が欲しいという方にも、誕生石を贈りものとしてプレゼントしたいという方にもおすすめの誕生石ジュエリーが多数あり、もちろん7月のルビーもデザインは色々あります。夏が来るこれからの季節はジュエリーが引き立ちますね。是非この機会に金正堂本店弘前店、青森店、エルム店、八戸店にご来店ください。

 

2021年06月14日

夏は時計の季節です。

気が付けば青森もすっかり緑が生い茂る季節になりましたね!
もう少しすれば頼んでもないのに梅雨が来て…。ジメジメっとして…。あっという間に夏に…。
歳をとると1年が早く感じてしまって仕方がないです(涙

と、いう事で…(?)

暑さと年齢なんかに負けないぞ!夏を先取り!
金正堂本店コラム担当スタッフが独断と偏見だけでオススメするダイバーズウォッチ6選~!!

 

①オシアナス

一番手はCASIOの人気ブランドOCEANUS(オシアナス)
CACHALOT(カシャロ)シリーズからブランド初となるダイバーズウォッチのご紹介です!
視認性や機能など潜水時の実用性を備えながら、エレガントな煌めくブルーとエッジの効いた力強さを併せ持つ、ダイバーズの常識にとらわれない一本!!ブランドコンセプトのエレガンス・テクノロジーを体現したデザインになっています!
ISO規格(国際規格)で200ⅿ潜水用防水を備えたこの一本は間違いなく、夏の頼れる相棒となることでしょう!

 

OCW-P2000-1AJF
¥253,000(込)

 

②プロスペックス

国産時計でダイバーズウォッチと言ったらここは外せないですよね!SEIKO(セイコー)のPROSPEX(プロスペックス)!!
1965年に国産初のダイバーズウォッチとして登場して以来、「国産ダイバーズの雄」として君臨するセイコーダイバーズ!その誕生55周年を記念して発売されたSBDX035。外胴プロテクターやL字パッキンなど、数々の特許を取得してきたハイスペックダイバーズです!その特殊な形状から時計ファンには“ツナ缶”と呼ばれています笑
ブルーグレーの文字盤は光の届かない深ーい海をイメージしていて、まさに見るものを吸い込んでしまうような神秘的な美しさに仕上げています!

SBDX035
¥495,000(込)

 

③LONGINES(ロンジン)

創業から約190年近く続く、スイスの老舗名門ブランドLONGINES(ロンジン)からは、ダイバーズとしてはクラシックな面持ちのレジェンドダイバーの新作です!1963年に発表された伝説的なダイバーズウォッチを忠実に再現したのがこの「レジェンドダイバー」!
忠実に再現と言ってもデザインはそのままに、プラスチック風防からサファイヤガラスになったり、200ⅿ防水から300ⅿ防水になったりと、もちろん当時よりスペックアップしてるのがうれしいところ!
さらに今回の新作はレトロウォッチと言うにはもったいないほどの上質な仕上げになっています!こんな時計をサラリとつけこなす男性がいたらうっかり惚れてしまいますよ!

L3.774.4.90.2
¥314,600(込)

 

④TISSOT(ティソ)

数あるスイスのウォッチブランドのなかでも世界一の出荷数を誇るTISSOT(ティソ)!自らのブランドを「マルチ・スペシャリスト」と表現するほど、幅広い分野の専門的な時計を作っています。
なんといっても時計の種類が豊富なうえに、エントリー価格で手に入るのがTISSOT(ティソ)の一番の魅力でしょう!
そんなTISSOT(ティソ)からは日本限定モデルのご紹介です!秒針の先端がまさに「日、出づる国、日本」を思わせる真っ赤なポインターに目が行きますね!ダイバーズウォッチは何かと主張が強いデザインですが、シルバーグレーの文字盤が静かに、そして華やかにあなたの腕元で輝くこと間違いなし!

T120.407.11.081.00
¥121,000(込)

 

⑤Bell&Ross(ベル&ロス)

新進気鋭のフレンチデザイン・スイスメイドのBell&Ross(ベル&ロス)からはブロンズケースのご紹介!その名も「BR03レッドブロンズ」です!!
近年、時計業界で人気素材のブロンズ。着用する人によって経年変化の仕方が全く違うので、自分だけのオンリーワンな一本に仕上がっていくのが魅力的!!自分と同じ時を過ごし、自分好みに育てていく…。なんだか夢がある時計ですね!もちろん素材やデザインだけではなく、ダイバーズウォッチとしてもプロ仕様なのがすごいところ!ブロンズケースでこの文字盤カラー、他ブランドには絶対にないですね!唯一無二のスクエア型ダイバーズウォッチ!フレンチスタイルでこの夏は回りと差をつけましょう!!

BR0392-D-R-BR/SCA
¥572,000(込)

 

⑥Sinn(ジン)

最後に登場するのはドイツのウォッチブランドSinn(ジン)です!ダイバーズといえば三針でしょ?と思う方も多いとは思いますが、Sinn(ジン)は機械式でダイバーズクロノグラフも作っています!さすがジン特殊時計会社…。
Sinn(ジン)は一言で言うと「質実剛健」、数々のプロフェッショナルに認められるミッションタイマーが大得意なんです!
この時計もなんと水中でクロノグラフのボタン操作ができるという高い密閉性ぶり!しかもダイバーズなのに裏透けなので、ムーブメントをじっくり楽しむことができます!これだけでお酒の肴になりますね!
ジン独自のテクノロジーが搭載された高級機です!

206.ARKTIS Ⅱ:
¥649,000

 

独断と偏見強めでチョイスしたこの6選。
皆様いかがでしたでしょうか?お気に召すモデルはございましたでしょうか!?

これからどんどん暑くなります。そうすれば薄着になります。Tシャツやポロシャツを着て腕を出します。
腕を出せば。。。時計が目立ちますよねっ!!笑

そうです!タイトルにある通り、夏は時計が主役になれる素晴らしい季節なんです!!!
※個人の感想です!

この夏、金正堂本店で選んだお気に入りの時計を着けて、素敵な夏を過ごしませんか??

 

金正堂本店が取り扱うウォッチブランド一覧はこちら⇓
https://kinsyodo.co.jp/watch/

2021年06月11日

結婚指輪(マリッジリング)選びの重要ポイント

結婚指輪(マリッジリング)選びの重要なポイントは「ずっと身に着けていられること」。
ペアリングと結婚指輪(マリッジリング)は「お揃いの指輪」というキーワードは同じですが、ペアリングは「かわいい」「似合う」という感覚で選んでOKです。しかし結婚指輪に求められる絶対的なニーズは「結婚生活というとても長い時間、心地よく身に着けられること」。

「心地よく身に着けられる」には重要なポイントがいくつもあります。
1年365日。しかも1年、2年という単位ではなく10年、20年という長い期間自分とともに、そして大切なパートナーと共にある結婚指輪(マリッジリング)。何年たっても美しい状態で結婚指輪(マリッジリング)を着けたいですよね。
そのためには指輪を買う(選ぶ)ときに気を付けなければいけないポイントがあります。

 

 

重要ポイント1.ゆがみにくいこと

金正堂本店で取り扱う結婚指輪(マリッジリング)はハードプラチナを使用したり、特殊製法で強度がしっかりと保たれています。金正堂本店のこだわりは取り扱うブランドを厳しくセレクトしていること。今人気のデザインのブランドを数多く取り扱うのではなく、モノづくりへのこだわりをしっかりと確認し、長く身に着けて変形や金属疲労が起きにくい素材開発に力を入れているブランドを厳選しています。
また、硬く加工した地金はゆがみづらいのでダイヤモンドが外れづらくなるのも嬉しいポイントです。

 

重要ポイント2,ダイヤモンドのセッティング

これは本当に重要です。小さなメレダイヤモンドを留める技術は職人の腕が大きく関わってきます。しかもハードプラチナや特殊製造の金属は通常よりかなり硬いため加工も難しいという難点が。だからこそ熟練の職人がしっかりと一粒一粒ダイヤモンドを留めることでダイヤモンドが外れづらい結婚指輪が完成します。

 

重要ポイント3.「心地よい」内甲丸仕上げ

結婚すると何気ない家事をしたり、子供が生まれると手をつないだり。または角が当たってちょっとしたときに指が痛くなったりしないように。そんなふとしたシーンでもストレスなく身に着けられるために、金正堂本店の結婚指輪(マリッジリング)は「内甲丸仕上げ」により指輪の内側を緩やかに滑らかに磨き上げるため、指にあたる部分がツルツルしていてフィット感も抜群。

結婚指輪=毎日心地よく身に着けられる指輪。着けたままでも安心の結婚指輪(マリッジリング)をご用意しています。

 

重要ポイント4.「ずっと古くならないデザイン」

ファッション指輪と結婚指輪、何が大きく違うかというと「今っぽい旬のデザイン」と「20年後も古く感じさせないデザイン」。一流デザイナーの手でデザインされた結婚指輪は流行に左右されない、ずっと愛される普遍的なデザインです。長く身に着け、お二人で時を重ねていくにつれますます愛おしくなる結婚指輪(マリッジリング)です。

 

重要ポイント5.信頼のアフターメンテナンス

長く身に着けるものだから、ご購入後のメンテナンスはとても重要です。金正堂本店では何年経ってもしっかりとしたレベルでメンテナンスをご提供するブランドを厳選しています。結婚指輪(マリッジリング)を選ぶときはご購入から長い時間が経っても安心して上質なメンテナンスを受けられるというのは重要ポイントですね。

メンテナンスが無料、安いということが必ずしも最良のメンテナンスサポートではありません。後々も安心できる結婚指輪(マリッジリング)をしっかりと選んでほしいです。

例えばルシエのローズクラシックはしっかりとしたアンティーク調のテイストで上品な結婚指輪(マリッジリング)。これから先もずっと愛せる普遍的なデザインに。細部まで施された細やかな細工は毎日結婚指輪(マリッジリング)を見るのが思わず楽しくなってしまいます。
さらにアフターメンテナンスは私たちが感激するほど繊細に美しく仕上げてくれます。

当たり前の用で当たり前ではない「ずっと心地よく身に着けられる結婚指輪」選び。結婚指輪(マリッジリング)を選ぶ際には、ぱっと見たデザインだけではなく、結婚指輪選びのポイントを是非参考にしていただければ嬉しいです。

アフターメンテナンスも信頼でき、そして青森県で人気の結婚指輪(マリッジリング)選びは金正堂本店で!

 

金正堂本店おすすめ結婚指輪(マリッジリング)はこちら>>>

2021年04月18日

婚約指輪を贈るのはなぜ?ダイヤモンドに込められた意味とは

婚約指輪(エンゲージリング)の歴史

婚約指輪の歴史は古代ローマまで遡ります。初期の頃は「約束を誓う」という意味合いから鉄製の指輪が用いられていましたが次第に金製になり、ダイヤモンドなどの宝石があしらわれたものへと変化していきました。「円」の形は永遠に途切れない、という意味があり愛の証の象徴です。そしてダイヤモンドは地球上で一番固い鉱物であり、傷つかず永遠に輝き続けます。
「そのダイヤモンドと同じくらい固い気持ちであなたを一生愛し続けます」「変わらない愛を贈ります」という想いを込めて贈られたことから今ではダイヤモンドがセッティングされた婚約指輪(エンゲージリング)が主流になっています。

 

なんで左手の薬指に着けるの?

古代ギリシャでは左手の薬指と心臓の血管は1本で繋がっていると言われていました。心臓は感情を司るとされていたため、お互いの気持ちが結びつくという考えから左手の薬指に婚約指輪(エンゲージリング)または結婚指輪(マリッジリング)をつける習慣になったそうです。

 

婚約指輪(エンゲージリング)にダイヤモンドがふさわしい理由

婚約指輪(エンゲージリング)にはダイヤモンドをセッティングするのが一般的。もちろん誕生石などの他の宝石を選ぶ方もいますが、どうしてダイヤモンドが主流なのでしょうか?

まずダイヤモンドは、地球上で最も硬いとされる鉱物です。また、原石の段階では全く輝かないのに、カットと研磨をすることにより非常に美しく煌めきます。ですのでダイヤモンドにはその特別な硬さと永遠に輝く美しさから「愛が永遠に続く」という意味があります。元々権力の象徴として男性が持つダイヤモンドがそのうち、「このダイヤモンドと同じくらい固い気持ちであなたを守ります」という意味を込めて男性から女性に贈るようになりました。

おふたりの絆を結ぶにふさわしい宝石、それがダイヤモンドです。
愛する人に婚約指輪(エンゲージリング)を贈ることで、いつまでも左手の薬指で輝く愛の証になることでしょう!
婚約指輪(エンゲージリング)選びに悩んだらぜひ金正堂本店にご相談くださいませ。

 

金正堂本店おすすめの婚約指輪(エンゲージリング)>>
先輩カップルのプロポーズ体験談!>>
ご来店予約はこちら>>

2021年04月17日

日常を格上げしてくれる「腕時計」

近年、多種多様な業種業界で「○○離れ」の話を聞くようになりました。
時計業界もまた然り。

2018年に行われた「腕時計に関するアンケート」では外出するときにいつも腕時計を付けているという回答は43.7%で半数を割りました。そもそも腕時計を持っていないという方が18.8%、仕事の時だけ腕時計を付けているという人は23.7%でした。
約2割の人が腕時計の利便性を知らない、約7割の人がビジネスシーンで腕時計を必要としていないという事になります。時計屋さんとしてはにわかに信じがたいデータですね!汗

というのも、この仕事をしていると腕時計をお求め頂いたお客様から、

「この時計は軽いし正確だし何より見やすくていいね!他の時計を着けなくなっちゃったよ。」

とか、

「金正堂本店から買ったこの時計を着けて仕事をしてたら、この時計が相手先の目に留まって商談がうまくまとまったんだよ!」

とか、

「スタッフさんがお勧めしてくれたこの時計、女子ウケがよくて自慢の時計になったよ(笑)」

とか、

「私の時計を見て職場の後輩が時計を欲しがってるんだ。今度連れてくるから見繕ってくれないかな?」

とか、

「素敵な婚約指輪を彼から頂いたから、お返しに時計を送ったらとっても喜んでくれました!」

などなど、素敵なお話を耳にする機会がとても多く、腕時計を買わない、腕時計を持たない、腕時計が必要ないというのが不思議でしょうがないのです。

正直、スマートフォンなど時計機能付き端末の普及により、時間を確認するだけなら腕時計は別に。。。
という考え方があるのも認識していますが「それはそれ、これはこれ」というような感じで、そもそも土俵が違っている気がします。

腕時計はただ単に「時間を認識するためだけの道具」ではないんです。

この時計を着けたら気分が上がる、この時計が自分を守ってくれている、この時計を着けたら今日一日は世界中で自分が主人公!といったように利便性が高いのはもちろん、私たちの何気ない日常を何倍も素敵に格上げしてくれる素晴らしいアイテムの一つです!

人生をワクワクさせてくれるアイテムって素敵じゃないですか???

普段スーツで仕事をする人にとって個性を発揮できるお洒落ポイントでもありますし、ハードなお仕事の方にはプロ仕様のスペックでタフに使用できる相棒にもなりますし、女性も社会進出が進み、ファッションだけでなく今、非常にレディースウォッチに注目が集まっています。

金正堂本店では正規取扱、正規輸入品にこだわっています。
ホンモノの良さ、素晴らしさを知るにはホンモノを着けるのが一番!という事です。

オンでもオフでも、国内でも国外でもボーダーレスに愛用できるブランド、エントリーモデルからハイエンドモデルまで多数揃っています。

 

皆さんも是非「○○離れ」する前に一度、自分の人生の相棒を探しに金正堂本店までいらしてみませんか?笑

2021年02月23日

ガジェット時計はクォーツの専売特許

1969年、世界の時計界を激震させた衝撃の時計が発表される。。。

 

それはSEIKO(セイコー)が発表した「クォーツアストロン」です。

「クォーツ」とは水晶の事で、その水晶の振動を利用して時を刻む時計をクォーツウォッチと言います。それまで主流だった機械式時計は一日で数秒から数十秒程度の誤差が生じるという難点がありました。しかしこのクォーツウォッチはほとんど誤差が生まれない当時としては画期的な発明でした。誤差が生じたとしても一日0.2秒という、機械式時計では考えられない高精度なのです!

実はクォーツウォッチというのは1927年にアメリカで完成していいました。ですがこの時計には大きな欠点が…。なんといっても巨大すぎました。それは一部屋埋まってしまうほどの大きさで、非常に複雑な装置だったといいます。当時の技術者たちも少しでも小型化しようと試みましたが、遅々として進まず、ついには小型化の技術開発は停滞。。。

そんななかSEIKO(セイコー)がクォーツウォッチの小型化に成功し、さらに腕時計にしてしまった!というのだから世界の腕時計メーカーは度肝を抜かれたことでしょう。日本生まれのクォーツウォッチ。一秒一秒規則正しく時を刻むクォーツウォッチは、まさに日本人の「律義さ」や「正確さ」、「繊細さ」の表れなのかもしれません。

高級時計といえば機械式!スイスメイド!と思う方もいらっしゃると思います。
しかし機械式時計は機能が多くなればなるほど金額も高額になってしまうのもまた事実…。

クォーツウォッチはワールドタイムやクロノグラフなど、多数の機能がついても機械式時計程高額になりにくいです!
ジャパンブランドのガジェット時計も素晴らしい商品がたくさんあります。

クォーツアストロン以降は次々と世界初のジャパンウォッチが誕生していきます!

1974年にはCASIO(カシオ)がフルオートカレンダー機能付きのカシオトロンを発売。
9年後には革新的な構造で耐衝撃性を兼ね備えたご存じG-SHOCKを発表し世界的に大ヒット。そのG-SHOCKが2018年には世界も含めての累計販売本数1億本を超え、今なお躍進を続けています。


新たな技術開発に常に挑み続けるブランドCITIZEN(シチズン)も忘れてはいけません。
今、国内外における電波時計の礎となった技術を開発し、腕時計に搭載したのはCITIZEN(シチズン)が世界初なんです!
メールを腕時計で確認できる、Bluetooth搭載腕時計や世界最薄の光発電時計エコドライブワンもCITIZEN(シチズン)が世界に誇る技術です。

クォーツアストロンを発表したSEIKO(セイコー)もまた、機械式時計とクォーツの良いところを掛け合わせた独自の機構「スプリングドライブ」や、GPS衛星から時刻情報と位置情報を受信するGPSソーラーウォッチも世界に先駆けて発表しました。
そのGPSウォッチは時計界に衝撃を与えた「革新的な時計」ということからアストロンの名前を継承しています。

今もなお、絶え間なく進化を続けるジャパンウォッチ。
世界の時計業界をけん引しているのは「スイス」と「日本」と言っても過言ではないでしょう。

金正堂本店(キンショウドウホンテン)は国産時計の取り扱いも豊富です!

セイコーグローバルブランド コアショップ」の金正堂本店(キンショウドウホンテン)はプロスペックス、プレザージュ、アストロンなどSEIKO(セイコー)がグローバルに展開する主力コレクションを豊富に取り揃えた店舗です。
セイコーグローバルブランド コアショップでのみ購入いただくことのできる製品もあり、より充実した品揃えと豊富な製品知識をもつ当店へ是非ご来店ください!

CITIZEN(シチズン)も「シチズン コンセプトショップ」の認定を受けております。
エクシード、アテッサ、クロスシーをはじめとした多彩なブランドをご用意、お客様がこれからの時をともに歩んでいかれるのに最適な腕時計をご紹介するため、シチズンブランドの世界観を表現する特別な空間で、お客様の良きパートナーとなる商品をご提案させていただきます!

CASIO(カシオ)も「カシオウォッチコンセプトショップ」です!
CASIO専用ブースを構え、最新作や限定品などプレミアムライン(MR-G、MT-G、Master of G、OCEANUS)を多数取り揃えております!

是非その目で、その腕元で、ジャパンジャパンウォッチの進化を体感ください!
ご来店、心よりお待ちいたしております。

2021年01月31日

機械式時計はメンズのロマン

まずはじめに機械式時計って何?と思う方もいらっしゃるかもしれないので簡単に説明しますね。

時計には大きく分けて2種類あります。
それが“機械式時計”と“クォーツ時計”です。

クォーツ時計は電気エネルギーを使用して針が動くのに対し、機械式時計は昔ながらの機構で、ゼンマイばねを動力源とし、規則正しい往復回転運動をすることで針を動かし時を刻みます。

なんだかとても複雑で高級志向なイメージがありますね。
しかしそれとともにロマンを感じ、惚れこんでしまう人が多いのはなぜでしょうか。。。

世の中は日々進化し、面倒なこと、手間のかかることはどんどん簡略化され、とてもスマートな世界に変わりつつあります。
でも機械式時計が色あせていくことは無く、むしろ今なお進化を続けています。
近年の本物志向の流れからか、今では本格機械式時計に魅力を感じる人たちが増えてきています。
私もその一人です笑

今では豊な時代になり、どんなモノでも比較的安価に手に入る時代になりました。
もし壊れてしまったら新しいものに買い替える、というのがスタンダードになってきています。

一昔前は良いスーツや良い革靴を奮発して買ってそれを修理しながら10年20年…と使用する、モノに対しての愛があったように思います。
長く使用すると味が出てきて、なんだか不思議とその人になじんでくるのもです。

機械式時計も使用していくうちに「」が生まれるモノの一つだと思っています。

機械式時計は職人が一つひとつ手作業によって作り上げるものなので、工場のライン作業では生まれない高級感と魂が宿っています。その高級感と魂は時計の裏を覗けば見ることができます。(時計のデザインにもよりますが…)
時を刻むムーブメントの動きはクォーツ時計では味わえない楽しさなので時計への愛着が湧いてくるのもまた魅力です。
そして機械式時計はゼンマイを巻いてあげないと止まってしまいます。
止まってしまってもゼンマイを巻き上げ命を吹き込んであげると、また時を刻みだす。。。
この面倒に思える手間もまた、機械式時計を楽しむ、愛でるポイントだと思います。

そしてなにより機械式時計はメンテナンスさえしっかりしていれば後世に受け継ぐことができます。
「これは父ちゃんが○○の時に買ったモノでね、、、」なんて昔話をしながら子供に託したりできるんです。

こんな魅力たっぷりの機械式時計。これをメンズのロマンと言わずして何と言えよう!
(クォーツ時計にも魅力はたくさんありますがそれはまた次回に笑)

本物を知りたければ本物を身に着けるのが一番ですね!

C 2020 KINSYODO HONTEN Co.,Ltd.

取り扱いブランド

page
top