コラム

2021年04月18日

婚約指輪を贈るのはなぜ?ダイヤモンドに込められた意味とは

婚約指輪(エンゲージリング)の歴史

婚約指輪の歴史は古代ローマまで遡ります。初期の頃は「約束を誓う」という意味合いから鉄製の指輪が用いられていましたが次第に金製になり、ダイヤモンドなどの宝石があしらわれたものへと変化していきました。「円」の形は永遠に途切れない、という意味があり愛の証の象徴です。そしてダイヤモンドは地球上で一番固い鉱物であり、傷つかず永遠に輝き続けます。
「そのダイヤモンドと同じくらい固い気持ちであなたを一生愛し続けます」「変わらない愛を贈ります」という想いを込めて贈られたことから今ではダイヤモンドがセッティングされた婚約指輪(エンゲージリング)が主流になっています。

 

なんで左手の薬指に着けるの?

古代ギリシャでは左手の薬指と心臓の血管は1本で繋がっていると言われていました。心臓は感情を司るとされていたため、お互いの気持ちが結びつくという考えから左手の薬指に婚約指輪(エンゲージリング)または結婚指輪(マリッジリング)をつける習慣になったそうです。

 

婚約指輪(エンゲージリング)にダイヤモンドがふさわしい理由

婚約指輪(エンゲージリング)にはダイヤモンドをセッティングするのが一般的。もちろん誕生石などの他の宝石を選ぶ方もいますが、どうしてダイヤモンドが主流なのでしょうか?

まずダイヤモンドは、地球上で最も硬いとされる鉱物です。また、原石の段階では全く輝かないのに、カットと研磨をすることにより非常に美しく煌めきます。ですのでダイヤモンドにはその特別な硬さと永遠に輝く美しさから「愛が永遠に続く」という意味があります。元々権力の象徴として男性が持つダイヤモンドがそのうち、「このダイヤモンドと同じくらい固い気持ちであなたを守ります」という意味を込めて男性から女性に贈るようになりました。

おふたりの絆を結ぶにふさわしい宝石、それがダイヤモンドです。
愛する人に婚約指輪(エンゲージリング)を贈ることで、いつまでも左手の薬指で輝く愛の証になることでしょう!
婚約指輪(エンゲージリング)選びに悩んだらぜひ金正堂本店にご相談くださいませ。

 

金正堂本店おすすめの婚約指輪(エンゲージリング)>>
先輩カップルのプロポーズ体験談!>>
ご来店予約はこちら>>

2021年04月17日

日常を格上げしてくれる「腕時計」

近年、多種多様な業種業界で「○○離れ」の話を聞くようになりました。
時計業界もまた然り。

2018年に行われた「腕時計に関するアンケート」では外出するときにいつも腕時計を付けているという回答は43.7%で半数を割りました。そもそも腕時計を持っていないという方が18.8%、仕事の時だけ腕時計を付けているという人は23.7%でした。
約2割の人が腕時計の利便性を知らない、約7割の人がビジネスシーンで腕時計を必要としていないという事になります。時計屋さんとしてはにわかに信じがたいデータですね!汗

というのも、この仕事をしていると腕時計をお求め頂いたお客様から、

「この時計は軽いし正確だし何より見やすくていいね!他の時計を着けなくなっちゃったよ。」

とか、

「金正堂本店から買ったこの時計を着けて仕事をしてたら、この時計が相手先の目に留まって商談がうまくまとまったんだよ!」

とか、

「スタッフさんがお勧めしてくれたこの時計、女子ウケがよくて自慢の時計になったよ(笑)」

とか、

「私の時計を見て職場の後輩が時計を欲しがってるんだ。今度連れてくるから見繕ってくれないかな?」

とか、

「素敵な婚約指輪を彼から頂いたから、お返しに時計を送ったらとっても喜んでくれました!」

などなど、素敵なお話を耳にする機会がとても多く、腕時計を買わない、腕時計を持たない、腕時計が必要ないというのが不思議でしょうがないのです。

正直、スマートフォンなど時計機能付き端末の普及により、時間を確認するだけなら腕時計は別に。。。
という考え方があるのも認識していますが「それはそれ、これはこれ」というような感じで、そもそも土俵が違っている気がします。

腕時計はただ単に「時間を認識するためだけの道具」ではないんです。

この時計を着けたら気分が上がる、この時計が自分を守ってくれている、この時計を着けたら今日一日は世界中で自分が主人公!といったように利便性が高いのはもちろん、私たちの何気ない日常を何倍も素敵に格上げしてくれる素晴らしいアイテムの一つです!

人生をワクワクさせてくれるアイテムって素敵じゃないですか???

普段スーツで仕事をする人にとって個性を発揮できるお洒落ポイントでもありますし、ハードなお仕事の方にはプロ仕様のスペックでタフに使用できる相棒にもなりますし、女性も社会進出が進み、ファッションだけでなく今、非常にレディースウォッチに注目が集まっています。

金正堂本店では正規取扱、正規輸入品にこだわっています。
ホンモノの良さ、素晴らしさを知るにはホンモノを着けるのが一番!という事です。

オンでもオフでも、国内でも国外でもボーダーレスに愛用できるブランド、エントリーモデルからハイエンドモデルまで多数揃っています。

 

皆さんも是非「○○離れ」する前に一度、自分の人生の相棒を探しに金正堂本店までいらしてみませんか?笑

2021年02月23日

ガジェット時計はクォーツの専売特許

1969年、世界の時計界を激震させた衝撃の時計が発表される。。。

 

それはSEIKO(セイコー)が発表した「クォーツアストロン」です。

「クォーツ」とは水晶の事で、その水晶の振動を利用して時を刻む時計をクォーツウォッチと言います。それまで主流だった機械式時計は一日で数秒から数十秒程度の誤差が生じるという難点がありました。しかしこのクォーツウォッチはほとんど誤差が生まれない当時としては画期的な発明でした。誤差が生じたとしても一日0.2秒という、機械式時計では考えられない高精度なのです!

実はクォーツウォッチというのは1927年にアメリカで完成していいました。ですがこの時計には大きな欠点が…。なんといっても巨大すぎました。それは一部屋埋まってしまうほどの大きさで、非常に複雑な装置だったといいます。当時の技術者たちも少しでも小型化しようと試みましたが、遅々として進まず、ついには小型化の技術開発は停滞。。。

そんななかSEIKO(セイコー)がクォーツウォッチの小型化に成功し、さらに腕時計にしてしまった!というのだから世界の腕時計メーカーは度肝を抜かれたことでしょう。日本生まれのクォーツウォッチ。一秒一秒規則正しく時を刻むクォーツウォッチは、まさに日本人の「律義さ」や「正確さ」、「繊細さ」の表れなのかもしれません。

高級時計といえば機械式!スイスメイド!と思う方もいらっしゃると思います。
しかし機械式時計は機能が多くなればなるほど金額も高額になってしまうのもまた事実…。

クォーツウォッチはワールドタイムやクロノグラフなど、多数の機能がついても機械式時計程高額になりにくいです!
ジャパンブランドのガジェット時計も素晴らしい商品がたくさんあります。

クォーツアストロン以降は次々と世界初のジャパンウォッチが誕生していきます!

1974年にはCASIO(カシオ)がフルオートカレンダー機能付きのカシオトロンを発売。
9年後には革新的な構造で耐衝撃性を兼ね備えたご存じG-SHOCKを発表し世界的に大ヒット。そのG-SHOCKが2018年には世界も含めての累計販売本数1億本を超え、今なお躍進を続けています。


新たな技術開発に常に挑み続けるブランドCITIZEN(シチズン)も忘れてはいけません。
今、国内外における電波時計の礎となった技術を開発し、腕時計に搭載したのはCITIZEN(シチズン)が世界初なんです!
メールを腕時計で確認できる、Bluetooth搭載腕時計や世界最薄の光発電時計エコドライブワンもCITIZEN(シチズン)が世界に誇る技術です。

クォーツアストロンを発表したSEIKO(セイコー)もまた、機械式時計とクォーツの良いところを掛け合わせた独自の機構「スプリングドライブ」や、GPS衛星から時刻情報と位置情報を受信するGPSソーラーウォッチも世界に先駆けて発表しました。
そのGPSウォッチは時計界に衝撃を与えた「革新的な時計」ということからアストロンの名前を継承しています。

今もなお、絶え間なく進化を続けるジャパンウォッチ。
世界の時計業界をけん引しているのは「スイス」と「日本」と言っても過言ではないでしょう。

金正堂本店(キンショウドウホンテン)は国産時計の取り扱いも豊富です!

セイコーグローバルブランド コアショップ」の金正堂本店(キンショウドウホンテン)はプロスペックス、プレザージュ、アストロンなどSEIKO(セイコー)がグローバルに展開する主力コレクションを豊富に取り揃えた店舗です。
セイコーグローバルブランド コアショップでのみ購入いただくことのできる製品もあり、より充実した品揃えと豊富な製品知識をもつ当店へ是非ご来店ください!

CITIZEN(シチズン)も「シチズン コンセプトショップ」の認定を受けております。
エクシード、アテッサ、クロスシーをはじめとした多彩なブランドをご用意、お客様がこれからの時をともに歩んでいかれるのに最適な腕時計をご紹介するため、シチズンブランドの世界観を表現する特別な空間で、お客様の良きパートナーとなる商品をご提案させていただきます!

CASIO(カシオ)も「カシオウォッチコンセプトショップ」です!
CASIO専用ブースを構え、最新作や限定品などプレミアムライン(MR-G、MT-G、Master of G、OCEANUS)を多数取り揃えております!

是非その目で、その腕元で、ジャパンジャパンウォッチの進化を体感ください!
ご来店、心よりお待ちいたしております。

2021年01月31日

機械式時計はメンズのロマン

まずはじめに機械式時計って何?と思う方もいらっしゃるかもしれないので簡単に説明しますね。

時計には大きく分けて2種類あります。
それが“機械式時計”と“クォーツ時計”です。

クォーツ時計は電気エネルギーを使用して針が動くのに対し、機械式時計は昔ながらの機構で、ゼンマイばねを動力源とし、規則正しい往復回転運動をすることで針を動かし時を刻みます。

なんだかとても複雑で高級志向なイメージがありますね。
しかしそれとともにロマンを感じ、惚れこんでしまう人が多いのはなぜでしょうか。。。

世の中は日々進化し、面倒なこと、手間のかかることはどんどん簡略化され、とてもスマートな世界に変わりつつあります。
でも機械式時計が色あせていくことは無く、むしろ今なお進化を続けています。
近年の本物志向の流れからか、今では本格機械式時計に魅力を感じる人たちが増えてきています。
私もその一人です笑

今では豊な時代になり、どんなモノでも比較的安価に手に入る時代になりました。
もし壊れてしまったら新しいものに買い替える、というのがスタンダードになってきています。

一昔前は良いスーツや良い革靴を奮発して買ってそれを修理しながら10年20年…と使用する、モノに対しての愛があったように思います。
長く使用すると味が出てきて、なんだか不思議とその人になじんでくるのもです。

機械式時計も使用していくうちに「」が生まれるモノの一つだと思っています。

機械式時計は職人が一つひとつ手作業によって作り上げるものなので、工場のライン作業では生まれない高級感と魂が宿っています。その高級感と魂は時計の裏を覗けば見ることができます。(時計のデザインにもよりますが…)
時を刻むムーブメントの動きはクォーツ時計では味わえない楽しさなので時計への愛着が湧いてくるのもまた魅力です。
そして機械式時計はゼンマイを巻いてあげないと止まってしまいます。
止まってしまってもゼンマイを巻き上げ命を吹き込んであげると、また時を刻みだす。。。
この面倒に思える手間もまた、機械式時計を楽しむ、愛でるポイントだと思います。

そしてなにより機械式時計はメンテナンスさえしっかりしていれば後世に受け継ぐことができます。
「これは父ちゃんが○○の時に買ったモノでね、、、」なんて昔話をしながら子供に託したりできるんです。

こんな魅力たっぷりの機械式時計。これをメンズのロマンと言わずして何と言えよう!
(クォーツ時計にも魅力はたくさんありますがそれはまた次回に笑)

本物を知りたければ本物を身に着けるのが一番ですね!

2021年01月27日

『妥協なき機能美』

フレンチデザイン、スイスメイドウォッチ。

多方面のプロフェッショナルユーザーに使用され、そして認められた時計、それがBell&Ross(ベル&ロス)
プロの道具としての機能とデザインを追求し、各国の軍や特殊部隊から非常に高い信頼を寄せられているウォッチブランドです!

まずは簡単にBell&Ross(ベル&ロス)とはどんなブランドなのか簡単にご紹介いたします。

まずブランド名のBell&Ross(ベル&ロス)ですが実は二人の創業者の名前が由来しています。
デザイン担当のブルーノ・ベラミッシュさんと経営担当のカルロス・ロシロさん。
高校の同級生でもあり大の時計好きだった二人が意気投合しタッグを組んで生まれたのがBell&Ross(ベル&ロス)なんです!

そんな彼らの腕時計に対する熱い思いを受け止め、時計作りのノウハウを教えたのがドイツのウォッチブランドSinn(ジン)です。
※いずれSinn(ジン)についてもコラムにしますのでお楽しみに!

Bell&Ross(ベル&ロス)のデザインは多くがミリタリーウォッチや航空時計をスタンダードにしていますが、デザインには非常に強いこだわりを持っています。
時計のデザインのために新しいインスピレーションを得ようと、現代的なバイクやスポーツカー、レース用の高速プロペラ機までもデザインしてしまいました。
アイデアの源泉までも自社でデザインしてしまうほど、時計作りに対して決して妥協することなく情熱を燃やし続けるブランドです。

そんなBell&Ross(ベル&ロス)のなかでも今非常に人気なのがBR05シリーズです!

デザインのテーマはTIME INSTURUMENTS FOR URBAN EXPLORER。
直訳すると「都会の探究者のための計器」。
せわしない毎日を生き抜く人々へ、ミリタリーウォッチから都会的に洗練されたデザインへ進化した一本です。

BR05の特徴は何と言っても「ラグスポ」でしょう!
今、時計業界で大人気な「ラグジュアリースポーツ」デザインです。
ドレスウォッチのような気品とスポーツウォッチのような実用性を兼ね備えたBR05。

ケースとラグ、ブレスレットが流れるような曲線になっていてそれぞれがまるで一つの部品のように完全に調和しています。
無駄のないラインや各部分の完璧なプロポーション。

まさに『妥協なき機能美』

BR05にはいままでのBell&Ross(ベル&ロス)に無かった時を超えたエレガントなスタイルがよく表れています。

全ての無駄をそぎ落とし、シンプルに表現し、究極を追求するその姿勢が多くのプロフェッショナルに愛される理由なのかもしれません。

金正堂本店は北東北唯一のBell&Ross(ベル&ロス)正規取扱店、
青森県唯一のSinn(ジン)の正規取扱店です!

────────────────────

BR05 クロノグラフ

品番:BR05C-BL-ST/SST
金額:¥803,000(10%税込)

────────────────────

2021年01月02日

新しいステージへ

皆様!あけましておめでとうございます!
今年も皆様にとって素晴らしい1年になるよう心よりお祈り申し上げます!

早速ではありますが1月2日にCITIZEN(シチズン)から特別なGPSウォッチが発売になりました!

今から50年前にCITIZEN(シチズン)は世界で初めて“チタニウム”を素材に採用した腕時計を生み出しました。
もっと強く、もっと美しく、もっと着け心地良く…。
CITIZEN(シチズン)の飽くなき挑戦はここから始まりました。

その研鑽を続けてきて半世紀、チタニウム技術50周年を記念した特別限定モデルです!

テーマは「宇宙空間の人工衛星」

CITIZEN(シチズン)が50年にわたり培ってきた加工技術がこの時計の随所に発揮されています。
このケース、2体構造になっているのですが部品同士の寸法を合わせるのはもちろんのこと、素材の表面処理によるごくわずかな変化も緻密に計算し、極限まで合わせこんで作りこんでいます。
一見すると2体構造になっているのも気づかない程、精密に重なり合っているので是非その目でお確かめくださいませ!

文字盤もケースのように多層構造になっていて、6層もの部品から成り立っています。
その文字盤をのぞき込むとまるで果てしなく続く宇宙空間を思わせます。。。

CITIZEN(シチズン)が50年間磨き続けてきたチタニウム技術。

その業を結集して作った腕時計。
全世界合わせて550本しか生産していません。

ここからまたCITIZEN(シチズン)は、新たなステージに進んでいくと思います!
その記念すべきモデルです!
お問い合わせはお早めにどうぞ!

コラム担当の私も読んでいただいている皆様に面白いと言っていただけるよう、CITIZEN(シチズン)のように技術を積み重ねてまいります!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

───────────────────────────

CITIZEN(シチズン)
チタニウム技術50周年記念 フラッグシップモデル
SATELLITE WAVE GPS F950

品番:CC4025-82E

金額:¥550,000(10%税込)

世界限定550本

───────────────────────────

2020年12月03日

宝石を受け継ぐ「ビジュ・ド・ファミーユ」

皆様はビジュ・ド・ファミーユという言葉を聞いたことはありますか?
ビジュ・ド・ファミーユ(Bijou de famille)とはフランス語で「家族の宝石」という意味です。
お母様から娘さんへ、もしくはお嫁さんへ、家族の愛の証として宝石を代々受け継いでいくヨーロッパの文化・風習のことです。

私たちの命は永遠ではありませんが、宝石はこの世の中で唯一永遠性を持つもの。世代を超えて永遠に輝きます。

家族の繋がりや絆が、宝石のように永く永く続きますようにと想いが込められているんです。

 

 

例えば、お客様からよく頂くご相談の中に、
「母が持っている婚約指輪を作り変えて彼女に贈りたい」
「長年使っていなかった指輪をペンダントに変えて孫に・・・」
というお声がとても多いです。

実際にイギリスでは、キャサリン妃がダイアナ妃のサファイアを婚約指輪として受け継いだという逸話もあります。

金正堂本店ではビジュ・ド・ファミーユをたくさんの方に知って頂きたいという想いから、
ダイヤモンドやカラーストーンなどの宝石のリフォーム(お作りかえ)のご相談も承っています。

もしかしたら今皆様がお持ちのネックレスや婚約指輪などが、数十年後娘さんやお孫さん、お嫁さんが大切に身につけているかもしれませんね。

デザインの流行や好みもあるでしょうから、宝石の美しさはそのままに、形を変えて後世に遺していく。
そんな宝石を家族の歴史として大切にしていきたいですね。

2020年10月28日

婚約指輪と結婚指輪の違いって?

男性から女性への一世一代のプロポーズや、お二人の結婚が決まった際に必要なのが「指輪」。
でもいざ購入!となると、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)の違いや購入の時期、どんなデザインがあるのかなど、わからないことがたくさんありますよね。

ここではお客様から頂く疑問にお答えします!

 

◎婚約指輪(エンゲージリング)とは?

プロポーズの瞬間、「結婚してください」の言葉と共に箱からパカっとダイヤモンド輝く指輪が現れる…。ドラマのワンシーンのようなシチュエーションに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか?

婚約指輪(エンゲージリング)とは、プロポーズの際、男性から女性に想いを込めて贈る指輪。つまり婚約の証を形にしたものです。男性のけじめとして贈って差し上げると、お相手の女性はもちろん、そのご家族様も嬉しいはずです。デザインはダイヤモンドがセッティングされたタイプが一般的。
いずれそのダイヤモンドを、お二人のお子様やご家族に受け継ぎたいと考える方もいらっしゃいます。
お店によっては購入後すぐにお持ち帰りできる婚約指輪(エンゲージリング)を用意している所もありますが、基本的にはお好みやご予算に応じて一から作製するので、納期は1ヵ月半~2ヵ月ほどかかります。プロポーズの時期がお決まりなら、その前までに完成するようにオーダーしましょう。

 

>>金正堂本店おすすめの婚約指輪(エンゲージリング)はこちら

 

◎結婚指輪(マリッジリング)とは?

 

結婚指輪(マリッジリング)は目に見えてわかるご夫婦の証。お二人でペアで着ける指輪のことです。身に着けることでよりお互いの存在を近くに感じることができます。
デザインはたくさんありますが、「仕事中でも気兼ねなく着けることができるもの」や「休日だけ着けるから華やかなデザインが良い」などライフスタイルやご要望によって選ぶデザインは様々。お二人で色々相談しながら試着するのも楽しいひとときですね。
注文から完成まで1ヵ月半~2ヵ月かかるデザインがほとんどなので、入籍に間に合わせたい!や結婚式に使うなどの予定がお決まりなら、早めのオーダーをおすすめします。

 

>>金正堂本店おすすめの結婚指輪(マリッジリング)はこちら

 

 

婚約指輪(エンゲージリング)も結婚指輪(マリッジリング)もそれぞれに大切な意味があり、お二人の愛を形にした特別なアイテム。まずはどんなデザインがあるのか、お店に足を運んでみましょう!

 

 

>>青森・弘前・五所川原・八戸で婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)を探すなら金正堂本店へ

 

2020年09月18日

CITIZEN(シチズン) ブランドアンバサダーの快挙!

CITIZEN(シチズン)のブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手が、グランドスラム(テニスの世界四大大会)トーナメントのひとつである全米オープンテニス2020大会に『大坂なおみモデル』を着用して参戦し、見事2年ぶりにチャンピオンの座に返り咲き、グランドスラム3勝目を達成しました!おめでとうございます!

今の自分に慢心することなく、世界のトップを見据えて、常にベストを尽くすプロテニスプレーヤー 大坂なおみ選手。
2018年、20歳の時に出場した全米オープンでグランドスラム初優勝し、勢いに乗り2019年には全豪オープンも制覇し世界ランキング1位に。。。
昨年のウィンブルドン選手権では初戦敗退するなど、しばらく不調が続いていましたが再び勢いを取り戻し、2020年全米オープン2勝目を飾ります。
本当に凄いです!

そんな快進撃を続ける偉大な選手の時間を支えるため、左手首に輝くのがCITIZEN(シチズン)の腕時計。
テニスコートから見る青空とテニスボールからインスピレーションを受け、大坂選手がセレクトしたブルーとイエローの爽やかなコントラスト。
ご本人も「着けているだけで元気がもらえるビビッドカラーがお気に入り!」との事。

御覧になりたい方は、金正堂本店(キンショウドウホンテン)へ♪

───────────────────────────

CITIZEN(シチズン)
『大阪なおみモデル』

品番:CB1101-03L
金額:¥63,800(10%税込)

───────────────────────────

CITIZEN(シチズン)をもっとご覧になりたい方はこちら>>>> https://kinsyodo.co.jp/watch/brand_attesa/

2020年09月09日

時計のブロンズケースのお手入れ方法をご紹介

昨今、腕時計のケース素材で注目を集めている“ブロンズ”!
着用者によって経年変化の仕方が変わるブロンズケース。
年数が経つごとに、自分だけの味わいのあるケースになっていきます。

今回はそのブロンズケースの時計のお手入れ方法をご紹介いたします!

まずは新品の輝きを維持するには2つ方法があります。

パターン1
①バンドを外してケースだけにする。(リューズがしっかりとねじ込まれているか確認を忘れずに!)
②ケースを水洗いして軽く拭き上げる。(水圧は弱めで!)
③ティッシュペーパーに濃縮100%レモン汁で拭く。
④ケースを水洗いして、拭き上げた後にドライヤー(冷風)で乾燥。
⑤バンドを取り付ける。

パターン2
金属磨き(銅磨き)のクロスで、優しく撫でるように酸化した皮膜を削り取る。

少し手間はかかりますが、新品の光沢感が蘇りますよ!
次に経年変化してきてからのお手入れ方法です。

①水気を固く絞った布で汚れをさっと拭き取る。
②乾いた柔らかい布で磨き、ツヤを出す。

これだけです!

新品の光沢感も捨てがたいですが、私としては使い込むほどに雰囲気が出てくるのがブロンズケースの良い所だと思ってます♪
もちろん金正堂本店(キンショウドウホンテン)ではブロンズケースの腕時計もございます。
気になる方はぜひ店頭にお越しくださいませ!

ブロンズケースが人気のBell&Ross(ベル&ロス)をもっとご覧になりたい方はこちら>>>> https://kinsyodo.co.jp/watch/brand_bellross/

 

C 2020 KINSYODO HONTEN Co.,Ltd.

取り扱いブランド

page
top