秋田県 唯一の取り扱い

KINSYODO

世界に誇れる
日本発の高級ウォッチブランド『カンパノラ』

citizen(シチズン)を代表するウォッチブランド「カンパノラ」は2000年にデビューして以来、「ステータスを遊ぶ」「時を愉しむ、日常を愉しむ、個性を愉しむ」をテーマに作られ続けています。
オシャレやステータスを演出する装飾品でもある腕時計は、デザイン性やオリジナリティを一番に見て選ぶと思います。
カンパノラは、ケースフォルムや仕上げ、文字盤デザインの装飾技法など、職人の手によって組み上げられる腕時計は、宝飾品同様の美しさになっています。

シチズンが感銘を受けブランド名にした
“カンパノラ・ベル”の存在

カンパノラというブランド名には由来があります。
とある町で紀元前5世紀より、町中に時刻を知らせる教会の鐘が存在していました。この鐘が、有史以来人々に時を報せ、時間を共有させた時計の始祖と言われています。
それがイタリア・カンパニア地方にある「ノラ」という町に、時計の始祖といわれている『カンパノラ・ベル』という鐘があります。
シチズンがこの鐘に敬意を表し、自社のブランド名に名付けることとなりました。

まるで本物の鐘を叩くような音色
『ミニッツリピーター』

「鐘」の名前にちなむようにミニッツリピーターという複雑機構を搭載した腕時計を作るのに力を入れているカンパノラ。
ミニッツリピーターとは時計に内蔵されたチャイムを叩くことで、時刻を音で知らせる機構をいいます。
実は極めて特徴的な複雑機構を世界で初めてクオーツウォッチへの搭載に成功したのがシチズンなのです。

今回紹介する皨雫(ほしのしずく)はミニッツリピーターを搭載、さらにパーペチュアルカレンダーも搭載しており月による日数の違いや、4年に1度のうるう年を自動調整してくれます。

皨雫(ほしのしずく)の名の通り、白蝶貝で湖に浮かぶ月を、螺鈿(らでん)で雫のように湖面に降り注ぐ星々を表現されている文字盤は、幻想的でいつまでも見つめていたいほどの美しさです。

COMPLICATION ミニッツリピーター
AH7060-53F
価格:¥400,000+税
分割支払
¥9,100×47回(初回のみ¥12,300
<分割手数料無料!>

ムーヴメント:クォーツ
ケース素材:ステンレス

13年の時を経て復活したトノー型ケース
NEWモデル『パーペチュアルカレンダー』

2002年にコレクションへ初登場したトノー型ケースデザインのパーペチュアルカレンダーは、2006年モデルを最後に13年の時を経てフルモデルチェンジで復活しました。
今までのモデルよりも縦の長さを約4mm短くし、腕にフィットしやすいように調整がされています。
さらにプッシュボタンもガタつきを抑え、未来・過去への時間旅行も更に愉しく、快適に堪能することが出来るでしょう・・・。

2000年を境に前後100年の大切な
時間を呼び出す事が出来るカレンダー

ブランド誕生年の2000年を基準に、前後200年分の『年、月、日、曜日』それと、さまざまな時間を腕元に呼び出すことができます。
文字盤の9時〜12時にかかる部分にあるスパイラル状の(28年周期でスパイラル状に配置されている)カレンダーは、ボタン①を1回押し込むたびにカレンダーが1日ずつ進み、ボタン②を1回押すと1日ずつ戻ります。(ボタン③を押すことで、現在時刻に表示が戻ります。)
自分が知りたい1日、思い出や記念日などを自在に呼び出すことができ、過去や未来へタイムマシンのように時間旅行へと誘います。

COMPLICATIONパーペチュアルカレンダー
AG6250-50A
価格:¥380,000+税
分割支払
¥8,700×47回(初回のみ¥9,100)
<分割手数料無料!>

ムーヴメント:クォーツ
ケース素材:ステンレススチール

『宙空の美』それはカンパノラの
デザインコンセプトです

時計の中に宇宙を閉じ込める様なデザイン。
それはまるで腕元にプラネタリウムが再現されているかのような『宙空の美』です。
宇宙で大きな存在と言えば熱く輝きを放つ太陽。
その太陽の光がシチズンの時を動かします。
シチズンオリジナルのテクノロジー『エコ・ドライブ』は、わずかな光でも電気に換えて時計を動かし、余った電気を二次電池に蓄える、独自の技術です。
その『エコ・ドライブ』と『宙空の美』をかけ合わせて生まれたのが、これから紹介するカンパノラ エコ・ドライブシリーズになります。

宇宙における居住空間と、
その窓から望む景色を文字盤に表現

カンパノラ エコ・ドライブシリーズは宇宙の壮大な風景をデザインしており、文字盤を宇宙船の窓に見立ててデザインされております。
6時の位置にあるサブダイヤルは、色によって地球の表情の見え方が変わってきます。
緑色は「鴗鳥(そにどり)」といい、自然の息吹を感じる地球を表現、 赤色は「深緋(こきあけ)」まだ若い燃える地球を表現、 青色は「紺瑠璃(こんるり)」深い海がある地球を表現しています。
そのサブダイヤルの下にある小さい丸い窓は、月齢の経過を月の形で表示するムーンフェイズ機構です。
宙から見た地球、地球から見た宙を小さな文字盤に詰め込まれた腕時計が、カンパノラ エコ・ドライブシリーズになります。

ECO-DRIVE フレキシブルソーラー
BU0040-06W 深緋 (こきあけ)
価格:¥260,000+税
分割支払
¥5,900×47回(初回のみ¥8,700)
<分割手数料無料!>

ムーヴメント:エコ・ドライブ
ケース素材:ステンレス

ECO-DRIVE フレキシブルソーラー
BU0040-06W 鴗鳥(そにどり)
価格:¥280,000+税
分割支払
¥6,400×47回(初回のみ¥7,200)
<分割手数料無料!>

ムーヴメント:エコ・ドライブ
ケース素材:ステンレス

ECO-DRIVE フレキシブルソーラー
BU0040-06W 紺瑠璃(こんるり)
価格:¥280,000+税
分割支払
¥6,400×47回(初回のみ¥7,200)
<分割手数料無料!>

ムーヴメント:エコ・ドライブ
ケース素材:ステンレス

匠の技で生まれる
世界でひとつだけの伝統工芸品

カンパノラの腕時計には日本の伝統技術が使われて作られています。
漆塗りや螺鈿細工などで作られた文字盤は、ひとつとして同じものはなく全てが違う表情で存在しています。
螺鈿細工とは貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材の上に、漆を塗り重ねて付着させることで、光の当たり方によってさまざまな表情を楽しむことができる技法です。
漆が宇宙、螺鈿が星になり、日本の伝統技術がカンパノラの独特な世界観を見事に表現してくれています。

『千夜燈(ちよのとぼし)』 それは宇宙の
彼方からみた都市の夜景

人々の暮らしに燈る光の景色を表現されている千夜燈。
文字板の装飾は、会津漆の伝統工芸士 儀同哲夫氏によるもので、漆の上に大小大きさの異なる金箔と金粉を蒔き、貝を貼り、その上に黒漆を塗り、きめ細かく研ぎ出しています。
漆黒を地球に、金箔と金粉、アクセントの螺鈿で人々の一瞬一瞬の営みの光を再現しています。

駆動方法は機械式で、ラ・ジュー・ペレ社の機械式ムーブメントを搭載。
スイス時計産業の中心地であるラ・ショー・ド・フォンに拠点を構えているラ・ジュー・ペレ社は、多くのハイエンドブランドにムーブメントを提供し、卓越した技術と高いクオリティで知られています。

バンドはクロコダイル革バンド。
さらに竹班と呼ばれる、竹の節のように班きれいに並んでいるお腹の皮を使用しています。

まさに、この千夜燈は「ステータスを遊ぶ」にふさわしい逸品となっているでしょう・・・。

MECHANICAL COLLECTION
メカニカルコレクション (漆文字板)
NZ0000-15F 千夜燈(ちよのとぼし)
価格:¥800,000+税
分割支払
¥18,300×47回(初回のみ¥19,900)
<分割手数料無料!>

ムーヴメント:機械式
ケース素材:ステンレス
バンド素材 : ワニ革

『カンパノラ』独自の世界観はまさに芸術品。
一目見て、その世界に引き込まれるようなデザインを、ぜひ店頭にてご覧ください。

只今、カンパノラフェアを開催中!!
憧れの時計を手に入れるチャンスです。

気になるモデルがございましたら、KINSYODOまでお気軽にお問い合わせ下さい。