女性の33歳厄年って何?

1千年前の源氏物語にも出てくる厄祓いですが、
厄年とは、一生のうちで
厄難に遭遇する恐れの多い年齢のことをいいます。

特に女性の33歳は最も大きな厄年といわれています。
その前後を前厄、後厄とし、この3年間は
最も慎まなければならないものとされてきました。

昔から厄年に
長い物を身につけると厄難から身を守ってくれる
と言われ、
最近ではネックレスが選ばれています。

(令和2年の本厄は昭和63年生まれ)

金正堂本店
厄祓いネックレス人気の理由

金正堂本店の厄祓いネックレスには
ネックレスに込められたストーリーがあります。
厄年を迎える自分へ、娘さんへ、
想いを重ね合わせて選べるのが人気です。

金正堂本店では
あなたを守る
あなたの守護石チャーム
ネックレスにお付けしています。

金正堂本店
おすすめの厄祓いネックレス

金正堂本店が自信を持っておすすめする
厄祓いネックレスは50種類以上
その中から人気の厄祓いネックレスを一部ご紹介します。

ビジネスシーンから冠婚葬祭と
さまざまなシーンで活躍する真珠ネックレスは
大人の女性のたしなみとして
一本は持っていたいジュエリーです。

品質に自信があります!

母なる海から生まれるアコヤ本真珠ネックレスは
33歳厄祓いネックレスとして
母から娘さんへ贈るに相応しいジュエリーと言えます。

厄祓いネックレスはお近くの金正堂本店へ。

店舗情報はこちら