金正堂本店の時計は全て正規取扱品です

  • 金正堂本店では「安心してご購入いただける本物の時計をお客様へ届けたい。」と、全ての時計が正規品です。
    正規品とは「海外のメーカー→日本の輸入代理店 → 正規品販売店・国内直営店」と販売ルートがしっかりていますので、間違いなく「本物の商品」をお客様にお届けすることができます。
    時計の購入を検討するときに気になるのが正規品と並行輸入品です。「どっちを買えばいいの?」と悩まれているあなたに正規品と並行輸入品についてご説明いたします。

正規品と並行輸入品の違い

  • 正規品ルート

    正規代理店は、 メーカーや輸入代理店と特約契約をして直接商品を仕入れているため流通ルートは明確であり、その商品に対しても絶対的な信頼性があります。
    正規輸入品は日本に到着後、輸入代理店の厳正な検査を再び受けて初めて市場に出荷されますので、クオリティには安心感があり初期不良などの問題が起こる率も低いです。
    全国各地に存在する正規店は、どの店舗でも価格・品質・サービスに差がないことを基本としています。加えて商品知識の豊富なスタッフが揃っている点も見逃せないポイントです。
    また、メーカーと直接的な取引があるため、新作の情報や入荷が早い点もメリットです。
    正規代理店では国際保証書とともに、国内代理店発行の日本語の保証書も発行されます。この保証書には購入者の氏名などが記入され、オーナーとして登録されることになります。
    メーカー保証のもと、修理やメンテナンスについても本国と同じ内容のサービスが受けられますので、万が一のトラブルへの対応は万全です。保証期間後のアフターサービスとして行われるオーバーホールにおいては、正規品としての特別な割引料金が設定されているブランドもあります。
    高価で大切な時計を長く愛用するために、メーカーの専門技術者による最高のアフターメンテナンスが受けられるのはとても安心です。
    価格に関しては並行輸入品よりも高くなりますが、それを補うステータス性が正規品にはあります。

  • 保 証
    ご購入当日からメーカー保証がつき、
    安心のメンテナンス・アフターサービスが受けられる
    説明書
    日本語表記
    付属品
    キャンペーンなどによるオリジナル付属品がつく
  • 並行輸入品ルート

    並行輸入品は、海外の正規代理店などのショップから買い付けた製品を販売しています。
    流通ルートが複雑化し、さまざまな業者を介する為、素性のわからない時計が流通する可能性があるのが並行輸入品のデメリットと言えます。
    並行輸入品は間接的に製品を仕入れることから、「偽造品が売られているのではないか?」といった問題が絶えませんが、昨今では輸入に関して通関(税関)が非常に厳しくなり、偽物という心配はほとんど無くなりました。
    販売店によって仕入れ方やルート、サービスに大きな違いがあるため、時計の価格や品質は店ごとにバラツキがあるのが特徴です。
    また、正規品との大きな違いは、品質を管理する為のアフターサービスなどが販売店によって変わることです。

  • 保 証
    正規販売店では修理が受けられない場合が多い
    説明書
    ブランド創業国の言語表記や英語表記
    付属品
    なし

店舗によって品揃えが異なります。
事前にご希望の商品をお問い合わせいただくと、スムーズです。

ご来店予約

C 2020 KINSYODO HONTEN Co.,Ltd.

取り扱いブランド